「YUMING MUSEUM」
(ユーミン・ミュージアム)

会期:2022年12月8日(木)~2023年2月26日(日) 
会場:東京シティビュー




CG

<エントランスイメージ>


東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)では、2022年12月8日(木)から2023年2月26日(日)まで、2022年にデビュー50周年の節目を迎えた松任谷由実(ユーミン)の魅力を体感する過去最大規模の展覧会、「YUMING MUSEUM」(ユーミン・ミュージアム)を開催いたします。
18歳だった1972年にシングル「返事はいらない」でデビューを飾って以来、音楽シーンの最前線で新たな扉を開き続けているユーミン。50年の活動で、39枚のオリジナルアルバムを生み出し、公演数2000回を超えるステージではファンとかけがえのない時間と空間を共有してきました。雑誌やラジオを通して伝えられる等身大の姿は、今も同時代を生きる多くの人たちの共感を集めています。
本展はこれまでほとんど公開されすることのなかったユーミンのコレクションや、貴重な資料や映像、ステージ衣装、直筆のメモなどを、まさに「ミュージアム」として過去最大規模の展示で紹介していきます。ユーミンが育った東京の街を見渡す海抜250mの大パノラマ空間とともに、シンガーソングライター、そしてひとりの人間としてのユーミンの魅力に出会うことができる特別な機会です。

ユーミンからのメッセージ

シンガーソングライターとしては、
多岐にわたる膨大な仕事量だったと、
我ながら驚いています。

人生ここらで整理整頓しなくちゃ、
データが重すぎて先に進めない。
そんなとき持ち上がったこの展覧会の企画。

数々の資料やアイテムで、活動の時代、時代を、
立体的に再現しました。
"ユーミン自らの謎"を解き明かす旅に、
どうぞお付き合いください。

松任谷由実

松任谷由実

グラフィック・デザイン

展覧会キービジュアルをはじめとしたグラフィック・デザインは、ユーミンと親交が深く、「POP CLASSICO」(2013年)、「宇宙図書館」(2016年)「深海の街」(2020年)と3つのアルバムのアートワークも手がけたアートディレクターの森本千絵氏(goen°)が担当しています。

ある日、ユーミン直筆の譜面に、音符のようなユーミンを描きました。
本当はそれは撮影するためのスケッチでしたが、絵のままでYUMING MUSEUMのビジュアルとなりました。
ユーミンの譜面から、物語が音の粒となって舞い上がるかのように、
こんどは私たちが50年を祝い、共にYUMING MUSEUMという譜面を描き、未来に放つ羅針盤となれたら。

開催概要

  • 展覧会名

    YUMING MUSEUM(ユーミン・ミュージアム)
    英語表記:50th Anniversary Exhibition of Yumi Matsutoya “YUMING MUSEUM”

  • 会期

    2022年12月8日(木)~2023年2月26日(日)
    ※会期中無休

  • 開館時間

    10:00~22:00(最終入館21:00)

  • 会場

    東京シティビュー(東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)

  • 主催

    東京シティビュー、朝日新聞社、NHKプロモーション

  • 企画協力

    雲母社

  • 協力

    NHK

  • 入館料

    *前売券等の各種チケットの購入方法についてはこちらをご確認ください。
    *東京シティビューの入館券ではご入場いただけないエリアがあります。
    (追加料金が別途かかります)

  • 公式サイト

    展覧会公式サイト
    東京シティビュー公式サイト

  • 公式SNS

    @yumingmuseum

  • 問い合わせ

    東京シティビュー 03-6406-6652(受付時間 10:00~20:00)
    ※本展覧会に関する情報は予告なく変更になる場合があります。
    ※その他の詳細情報は、順次公開予定です。

報道関係の方のお問い合わせ先

「YUMING MUSEUM」広報事務局(共同ピーアール内) 担当:安田、中込、三井
E-mail: yuming50th-exh-pr@kyodo-pr.co.jp
TEL: 03-6264-2059 / FAX: 03-6700-5620